イタリア旅行記2017・春 トリエステ・おすすめレストラン

ミラマーレ城

写真はMiramare城

書いているうちにだんだんと記憶が蘇ってまいりました(笑)

まだ事実上イタリア初日。(全然話が進んでないじゃん(+_+;))

WiFiも無事つながり、レジデンスにもたどり着いた私たち、そろそろランチタイムです。
朝はホテルの朝食だったので(これはこれで美味しかった)、せっかくだからイタリアらしい、美味しい料理が食べた~い!

自分たちで探すのもいいけど、やっぱり地元の人に聞くのが一番!

というわけでレジデンスの感じのいいスタッフに『美味しいレストラン』を教えてもらいました。

Trattoria Caprese Trieste(トラットリア・カプレーゼ・トリエステ)

ココも大当たり?!
本当に美味しくて、2回通ってしまいました!

場所はチェントロのど真ん中、ボルサ広場の前にあります。
テルジェステオ宮殿(Palazzo Tergesteo)の1階に入っていて、
入り口は広場に面しているのですぐにわかります(それでも前を2度3度ウロウロしてしまいました?)

この時まだ3月初旬で、入り口からは中の様子がわかりませんでしたが、
入ってみると広い\(◎0◎;)/!
きっともっと暖かい時期になると、お店の前の広場にも外席ができて人でいっぱいになるんだろうな、という想像が付くくらいの繁盛店です!

※テルジェステオ宮殿は中がアーケード街になっていて、そこもこのレストランのテラス席のような形でテーブルが置かれていました(後から気が付いた!)。

私たちは2階に通されましたが、本当に混んでて、でもカメリエレ(店員)がとってもテキパキとよく働きます!

早く食べたかったのでテーブルに置いてあったランチメニューから頼むことにしました。

レストランのメニュー

セットメニュー11ユーロ 『パスタ、ポテト、プローヴォラ』 『魚介のトルティッリョーニ』 ※どちらか選ぶ
『バッカラフリットとスカローレ』 『チキンステーキとサラダ』 ※どちらか選ぶ
『水500ml』 『ミックスフルーツ和え』か『甘い物とエスプレッソ』
ライトメニュー 8ユーロ 『ギリシャ風サラダ』 『水500ml』 『ミックスフルーツ和え』か『甘い物とエスプレッソ』

もちろん、ライトメニューじゃないほう(笑)

すると、隣の席に美味しそうな巨大ピザが!!!
え~、このお店のピッツア、めっちゃ美味しそう!

そんなこと話してると、まずはお水と小さいカゴ2つが運ばれてきました。
1つは普通のパンと、もう1つはピザ生地で作ったようなパン。

籠に入ったパン

『ここのパーネ(パンのこと)、めっちゃ美味しい!!!この生地で作ったピッツァ、絶対美味しいぃぃぃ!』

イタリアビールモレッティ・トスカーナ

そして、イタリアビール『モレッティ』でカンパーイ?!

お料理は二人で別々なものを頼んでシェアすることに。
(一人旅ではできないワザだわ?)

パスタ・ポテト・プローヴォラチーズ
こちらがパスタとポテトとプローヴォラ(『プローヴォラ』は南イタリアのチーズの名前)
うわー!チーズにコクがあって、クリーミーですんごく美味しい~~~❣

魚介のトルティッリョーニ
魚介のトルティッリョーニ(『トルティッリョーニ』はショートパスタの種類)。こっちも魚介の旨みがトマトソースにたっぷりしみ込んでる~?

・・・もうこの時点でお腹いっぱいになってきました。。。でもこれからメインディッシュが来ます。

バッカラのフライとスカローレ

バッカラ(鱈の塩漬け)のフライとスカローレ(下にひいてあるお野菜の名前)。
久しぶりのバッカラ、ビールに合う~!

ここから先は写真がありません。どうやら撮り忘れてしまったようです・・・。アルコールが入るとこんなことがよくあります?
写真はないけど、ほかにもチキンステーキと、食後に小さいデザートとカッフェ・マッキアート(エスプレッソにちょっぴり泡のミルクを垂らした、カプチーノの小さいバージョン)を頼んだはず。もはや写真がないと思い出せない・・・

でも、見るからに食べすぎ!お腹パンパン!

これは少し歩かねば!と、この後は観光に出かけました!
今回の旅でご一緒しているKさんはトリエステが初めてなので、2014年3月にも行ったMiramare(ミラマーレ)城へ。
前回書いてるのでここでは割愛します。よかったら
イタリア旅行記 トリエステ-Trieste①(Miramare)をご覧くださいませ。

観光後、お昼食べ過ぎて夕食はスーパーで生ハムなどを買って軽く済ませ、この日は眠りにつきました。

翌日はこの旅の目的の一つ、Olio Capitale オーリオカピターレ(オリーブオイルの展示会)です!

ご紹介したレストランのサイトはコチラ

Trattoria Caprese Trieste(トラットリア・カプレーゼ・トリエステ)
http://www.trattoriacaprese.it/locali/trieste/

Piazza della Borsa, 15 Trieste
tel 040763963
trieste@trattoriacaprese.it

ORARI APERTURA:
SERVIZIO DALLE 12.00 ALLE 15:30
DALLE 19:00 ALLE 00:30 (Chiusura ore 02:00)

トリップアドバイザーでレビューを見る

※調べたらイタリア国内に12店舗あるフランチャイズのナポリ料理のお店だった(^^;)
どうりでピッツァが美味しいワケだ!



Booking.com


イタリア旅行記2017・春 トリエステ・おススメのお宿

トリエステ・イタリア統一広場

写真はイタリア統一広場

今回(2017年3月)、トリエステでレジデンスに2泊させて頂いたのですが、これが大当たり?だったのでご紹介します!

Residence Theresia- Tailor Made Stay (レジデンス テレジア テーラー メイド ステイ)。

おすすめポイントその1

スタッフの方がとても親切!

これはかなり大事なポイントです(^^)b!

本来のチェックインの時間は14:00~19:00。でも荷物を預けたくて、その旨電話したら『もちろん!お待ちしてます』って言って下さって(電話対応が親切だとホッとします)、まだチェックインの時間じゃない午前中に到着した私たちを快くお部屋に通してくれました(これは行ってみないとわからない情報ですね)。

 

レジデンス テレジア テーラー メイド ステイのエントランス

レジデンスの入り口。中に入るとホールになっていて、ほんの3段くらい階段が!ここだけ惜しい!と感じました(^^;)

おすすめポイントその2

Wi-Fiがお部屋で無料で使える!

外国人観光客はコレ絶対!次の日に行くところの情報を調べたり、日本と連絡を取り合ったり。外でうまくつながらなくてもせめて宿ではインターネットを使いたいですよね!

おすすめポイントその3

アクセスが便利!

私たちのように荷物が多い長期滞在の観光客にとって、利便性も重要です。
駅と中心街の間にあるので、駅からのアクセスも、街に遊びに行くのにも、とっても便利!

部屋の入り口から撮った写真。

おすすめポイントその4

お部屋がとにかく広くてきれい!

入ってびっくり!とても広くて、キッチンも完備。ローボードを仕切りとして使い、お部屋の奥の窓側を寝室、入り口側をダイニングに。

レジデンスの部屋・ベッド側

こちらがベッド側。明るくて清潔感のある部屋。

おすすめポイントその5

コスパ!

もちろん、シャワー・トイレ付き。そしてこの広さと綺麗さでなんと二人で1泊あたり・・・58ユーロ!

ということは、ひとり一泊29ユーロ!(二人部屋1泊・2017年3月の予約時)

金額の安さもありがたいけど、ネットで調べた時の決め手は
Booking.comでの口コミ評価。

『とても素晴らしい9.4』、スタッフの評価はなんと『9.7』!

レジデンス テレジア テーラー メイド ステイの人

この笑顔?

スタッフの方と街でばったり会った時も覚えててくれて笑顔で挨拶してくれたり、教えてくれたレストランは超美味しかったし、最後は車に荷物を運ぶのを気持ちよく手伝ってくれたりで、ほんと、パーフェクトな対応!!

実は前回、『Duchi Vis à Vis (ドゥキ ヴィ サ ヴィ)』というホテルに泊まって、とっても良かったので、もう一度そこにしようかと思っていたのですが、宿泊予定の日がすでに満室で、ほかのところを探さなければなりませんでした。
ドゥキ ヴィ サ ヴィは『Grand Hotel Duchi d’Aosta(グランド ホテル ドゥキ ダオスタ)』の別館で、
本館で食べる朝ごはんがとても美味しくて?

海もすぐ近く、中心街にあるので、こちらも本当におススメです!

次はトリエステのレストランについて書いてみようと思います。



Booking.com


イタリア旅行記2017・春 イタリアで日本のスマホを使う・モバイルWiFi・現地SIMカード

イタリアのポケットWi-Fi

 亀の歩みの更新です?

今回はヴェネツィアの入り口の町・メストレに一泊しながらもヴェネツィアには立ち寄らず、着いた翌朝すぐに電車でトリエステに移動です(だから駅近のホテルを予約したのに、インターネットが使えないばっかりに1時間もウロウロ…)。

前回、エレベーターが修理中で自称『可哀そうな荷物の運び屋』に勝手に荷物を持たれ、2ユーロ支払ったメストレ駅(詳しくは『イタリア旅行記 ところ変われば…(イタリアの駅で気を付けること)』の『イタリア駅利用情報 その3』をご参照くださいませ)。

エレベーターが直っていて、危険な思いをすることなくスムーズに目的のホームに移動できました?

 

トリエステの駅のホーム

ほぼ時間通りに出発、快適な列車の旅。

何しろ前日の深夜11時に到着だったので、この日が事実上ヨーロッパ旅行初日!同行者Kさんも車窓から見える久しぶりのイタリアの田園風景にウキウキです(*^-^*)

列車は予定通りにトリエステに到着!

そしてまず一番にやること、それは・・・


Wi-Fi環境を作ること!


スマホが使えないと、どんだけ不便なことか。ネット環境さえあれば、昨夜のようにホテルにたどり着けないなんて可能性も少なくなる(トホホ…?)。

前回、イタリアの携帯電話会社『TIM』でモバイルWi-Fiを買い(TOPの写真)、日本に帰国後、数人の友人に貸し出して最後に使った友人がイタリアのSIMカードを入れたままにしてくれているので、新しくSIMカードを購入しなくてもチャージすれば使えるハズ。(※1年間チャージしないとSIMカードは使えなくなります)

トリエステの地図

さて、さっそくTIMを探さなくちゃ!

トリエステにTIMの店舗は2つ。どちらも今回宿泊するレジデンスを通り越して、町の中央まで行かなければなりませんが、駅に着いた時点ではまだWi-Fi環境がないのでこの地図を見ることができません(^^;)
・・・なんでホテルでチェックしてこないのよっ!?私のバカ!

TIMは日本のDocomoといった存在なので、どの町にも必ずあるはず!
とにかくチェントロ(街の中心)に向かいます。

何人かに訪ね、近いほうを教えてもらいながらなぜか遠いほうを探し出してお店に入りました?

店員さん:「お調べします。--ああ、これね、チャージをすれば使えますよ」

私:「おお、やっぱり?」

店員さん:タバッキエレ(タバコ屋さん)でチャージができますよ」

私:(え、ここでチャージ出来ないんだ・・・)←心のつぶやき

さて次はタバッキエレ探し。イタリア中どこにでもあるのに、ほんとに探すと見つからない!

見つけたと思ったら『うちは携帯のチャージはやってないのよ』・・・やってないところもあるのね(^ ^;)

これまた道行く人々に聞きながらようやく携帯にチャージできるタバッキエラ発見?

タバッキエレでのチャージ方法は、電話番号を教えてチャージしたい金額を伝え、お支払いする。

私:「すみません、この番号にチャージしたいんですが」

シニョーラ:「いくら分?」

私:「これから約1ケ月半滞在するんですけど、いくらくらいチャージすればいいでしょうかね?」

シニョーラ:「携帯電話のことはよくわかんないわ。最低5ユーロから20ユーロくらいまでチャージできるけど。」

私:(・・・そうだよね、この年齢の人は全国共通、携帯電話やコンピューターなどには詳しくないよね)

「え~どうしよう。。。5ユーロじゃ、すぐ終わっちゃうよねぇ。20ユーロチャージしておこうかな。。。」(← 以前にも失敗したけど、イタリアではなんでも少な目に払うのが鉄則!おつりが帰ってこない自動販売機なんて”ざら”ですから)

しかし、学習能力が乏しい私はうっかりミスをしてしまうのでした。。。

まぁ、何はともあれ、とりあえずは20ユーロ払って快適にインターネットに接続~!今年はiPadも持ってきたので(このモバイルWi-Fiは5つのデバイスまで繋げます)、地図も大きく見えますよ~?

地図が見れるようになった私たちは、大きな荷物を何とかしたくてまだ午前中にもかかわらずトリエステの宿泊先、『Residence Theresia- Tailor Made Stay(レジデンス・テレージア)』へと向かいます。

・・・つづく。(今度はすぐにUPします?)



Booking.com

保存

保存

イタリア旅行記2017・春 アエロフロートで行くイタリアの旅の始まり~

すっかりご無沙汰しておりました~!ブログ、1年ぶりの更新(@_@;)!

3月初め、今年のイタリアの旅が始まりました。
今回はちょっと長旅。これからボチボチ書いてきます(^^)

それにしても航空券の値段って滞在期間が1ケ月を越えると途端に高くなるんですよね?
そんな中、値段が変わらないのはアエロフロート。
というわけで、行きはモスクワ乗り換え→ヴェネチア空港になりました。

昔、アエロフロートに乗ったことのある人は
『え~?アエロフロート?怖~い!!』
って言ってくるけど、ぜーんぜん、そんなことはございません。
実は7年前、一度使っているんです。

アイスドールと呼ばれた客室乗務員もみんな笑顔で(←日本だと当たり前だけど笑)、
ア〇タリアやアメリカ系の航空会社などと比べても接客もちゃんとしています!

飛行機だけでなく、モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港も当時は本当に悪かったらしい
(薄暗くて椅子も少なく、トランジットで飛行機を待つ間、みんな階段や廊下に座っていた、とか)けど、私たちが行った時は、なんとシェレメーチエヴォ国際空港が新しくなっていて、とーってもきれい(出来たて過ぎてお店にはまだ商品が何もなく、カフェでもカードが使えずルーブルだけだったのでそのために両替するのも何なので何も飲まず食わず買わず(笑)・・・( ̄∇ ̄;))!

そんな教訓(さすがにもうカードが使えると思うけど)から、今年ロシアに行った友人にルーブルを譲っていただき、持っていきました。

シェレメーチエヴォ空港にて。ビールを注文したら、ビールはない、ワインならある、と(^^;)しかも1000円越え~(^^;)恐るべし、ロシア!

ルーブル表記だと、金額の見当がつかなくて、なんだかゲーセンのコインのよう(笑)

話はアエロフロートに戻りますが、機内食は期待せず、映画は基本英語かロシア語、それでも移動手段と割り切れば、コスパ最高ですよ!長期滞在のチケットにおススメします!

さて今回は同行者がいます(^^)b。

同じオリーブオイルソムリエで岐阜在住のシュガーの先生のKさん。
Kさんはアリタリア、私はアエロフロートでヴェネツィア空港で待ち合わせ。
出発時間も到着時間もほぼ一緒だったのでとても良かった!
到着が夜11:00くらいだったため、空港に近いホテルに一泊しようかともと考えたけど、調べたら空港からメストレ駅までのバスが深夜1時まであったので、翌朝、移動しやすい駅前のホテルに一泊することに。
(※深夜到着便の場合、イタリアでは小さなホテルだとチェックインが出来なかったり、治安の問題もあるので事前の確認がとても重要です!)

こうしてイタリア珍道中が始まりました~!(前置き長かった)

飛行機の遅れもなく、無事にヴェネツィアに到着し、落ち合った二人。スムーズな出足?のはずが。。。Kさんのスーツケースの取っ手が・・・ない!


しかし、夜ももう遅く、とにかくホテルに行かなくちゃ、ということで、まずはメストレまでのバスのチケットを購入。
今回は次の朝、メストレからトリエステまで電車で移動するので片道でOK!

・・・私、メストレでのバスの移動にはにがーい思い出が・・・
『イタリア旅行記 バス/トラムの乗り方(失敗するとこうなる)』

ご参考までに・・・(^^;)

ちなみに、荷物破損の場合はその場でオフィスに申し出ないと空港・もしくは航空会社の補償は受けられないようです。ご自身の旅行保険などに付帯されていれば、そちらで保障される場合も。また、今回の破損個所が『取っ手』の場合、空港・航空会社の保証の対象ではない場合が多いみたい・・・。それも空港・航空会社によって違うので、こんなことがあった場合はその場でご確認くださいね。

さて、メストレ駅に着き、『徒歩2分』のホテルに・・・1時間かかって到着~~~っ!なぜなんだ???

ココでの教訓、Wi-Fiが使える環境のところで、目的地を必ずGoogle mapに入れておくこと!
いえ、これは今回に始まったことではないですよ。でもね、『徒歩2分』に油断しました・・・(笑)

口コミなどで、駅前近くですが、表通りではないこと、大きなホテルではないこと、は確認してあったので、『だいたいこの辺?』というところを曲がるんですが、見つからない・・・。
(海外に来て、『だいたい・・・』とか、ダメですよ。ちゃんと調べよう~(笑))

「Wi-Fiないけど、GPSでとりあえずgoogle map見よう!」

写真はGoogleから拝借

メストレの駅前、Viale Stazione。駅を背に、左へちょっと行って、右に曲がればあるはずなんだけど。
実際は夜で道は暗く、ピンクで囲んだ部分が曲がる目印のホテルHotel Trieste(泊まるホテルじゃなくて)のネオンだった(と思っていた)のですが、ネオンが切れてて最初の文字が見えなくて・・・!
よーく見ると『Hotel Tritone』って書いてあるんです・・・

紛らわしい!!!

一本先のVia Veneziaを曲がらなくちゃいけなかったのに、ずーっと一本手前のVia piaveを曲がってはグルグルグルグル・・・

 

 

バカですねぇ・・・。

大きなスーツケースをガラガラしながら1時間ほどグルグルして、「『トリエステ』じゃなくて『トリトーネ』って書いてある??」とようやく気が付き、無事チェックインすることができ、1日目が終了~!

次回はTriesteです(^^♪



Booking.com

2015年☆イタリアンXmas Cooking パーティ

IMG_0251
今年も生徒さんたちとのクリスマスレッスンを行いました。
昨年はオリーブオイルが凶作で、クリスマスに使われたNovelloオイルも2~3本でしたが
今年は美味しいNovelloたくさん☆

 

IMG_0240

 

今年のテーブルコーディネートは赤と白に水色を加えてちょっと北欧風

初めて参加された方も、古くからの生徒さんとすぐに仲良くなって、本当にいい雰囲気^^
ここでの出会いでお友達の輪が広がっていっていることは、とっても嬉しいことです( *´艸`*)
 
ちょっとメニューのご紹介。
アンティパストにはウンブリアのイノシシのサラミをご用意。スモークサーモンのタルティーネ、アーティチョークのペースト、蕪のポタージュなど。

 

IMG_0242IMG_0244IMG_0252
 
今年、ベルガモの市場で購入したオリーブの木のカットボードも活躍~!

 

IMG_0245

 

プリモはCozze。今年プーリアのターラントで教わったもの。

 

IMG_0250

 

セコンドは豚のインボリティーニ。
オリーブオイル仲間がシチリアで習ってきたものが美味しかったので~!

 

ビンゴ大会(くじ引き)でのクリスマスプレゼントや
生徒さんのご主人のドイツ出張土産のチョコレートのくじ引き大会など、
美味しく楽しいひと時はあっという間!

 IMG_0248
 

みなさん、今年もありがとうございました!

来年、1月のセミナーはお休みです。次回のセミナーは2016年2月19日(金)。

 

来年もまたよろしくお願いいたします!

  

2015年秋・イタリア便り・・・シチリア・ラグーサの搾油所

IMG_9119
 

新しいものが大好きな日本人。この季節『ボジョレーヌーボー』が大人気ですが、
『ヌーボー』ってフランス語で、ソレをイタリア語では『ノヴェッロ/Novello』って言います。
英語だと『ニュー・New 』ですね。

 

コレ、ワインだけではありません!

オリーブオイルもノヴェッロの季節がやってまいりましたよ!

 

今、イタリアではオリーブオイルの収穫の真っ最中!

 

まずはシチリア島のオリーブ収穫・搾油の様子をご案内いたします。

 

こちらはラグーサ県のキアラモンテ グルフィにある搾油所。
実は昨年、搾っているところを見ることができなかったPantaleoのオイル。
今年は見てきましたよ!

 

IMG_8900

IMG_8875Pantaleoの農場での収穫の様子。

 

機械を使わず、手摘みで収穫しています。

 

手摘みは賛否両論ありますが、実の状態を目で確認でき、何よりオリーブの実を傷めずに収穫できる手段ですね!

 

そして鮮度を保つため、収穫した日の夕方には搾ってしまいます。

IMG_8880
IMG_8883

 

1年ぶりのフランコとの再会! 見て見て~!この美しいオリーブの実を!!

 

そして収穫したオリーブの実は搾油所へ。

 
IMG_9078

 
昔このフラントイオで活躍していた石臼が今はエントランスでオブジェのように飾られていました。
 
IMG_1024IMG_9085

 
 
そして搾油所の中の様子。
 

フランコおじさんが、洗浄され、これから粉砕されるギリギリ前のところで
機械では取り切れなかったオリーブの葉や小枝、傷んだ実を一生懸命取り除いています。

これにはフランコのオリーブオイルへの愛が伝わってきました♥

 

洗浄・粉砕・捏ねを経て、固形物と水分に分けられ、さらに水とオイルに分けられます。

 

IMG_9093

IMG_9096
 

捏ねの温度も時間もすべてコンピュータで制御され、それを操るフラントイオの人の長年の勘と技術によって最高の状態に搾られていきます!
 
IMG_9124-2 フランコおじさんは、『この場で食べるならともかく、日本に持っていくならステンレスタンクで落ち着かせてからでないとPantaleoの品質が損なわれる』と言って、ノヴェッロ用の商品は作っていません。

が、「セミナーで使いたいから」と無理を言って、その場で分けてもらいました!
 
なので、Pantaleoのノヴェッロを食べられるのはほんの一部の人だけ!とても貴重なオイルです!
今、セミナーに参加された方たちが続々とテイスティングされています^^
 

たった一人でのイタリアの旅、私が楽しく回れるのも、こうやって現地でサポートしてくれる皆さんのおかげです。
 
最後に三人で写真をパチリ。 いつもシチリアを案内してくれるチッチョ、今回もお世話になりました!また次もよろしくね♪

 
そして私のオリーブオイルを巡る旅はイタリア本土・プーリアへと移動するのでした。
つづく。
 

11・12月のセミナーはノヴェッロ(新油)のテイスティングです!

image

写真はウンブリア州スペッロという町のフラントイオにて、搾りたてのオリーブオイル!

 

Ciao a tutti!!!

イタリアに来てはや28日、そろそろ帰り支度を始めました。

後日いろいろアップするとして、今日はセミナーのご案内です。

 

この時期だけしか味わえないEXVオリーブオイルノヴェッロを味わいます!

 

11月20日、12月18日(共に金曜日)

午後2:00〜午後4:00

場所:郷の家

会費:2500円

 

イタリアより直接持ち帰える、今年取れたての美味しいオリーブオイルと

それに合わせたお料理を作り、みんなで一緒に味わいましょう!

お問い合わせ・参加お申し込み

E-Mail→mina★oliveoilcafe.com(★を@に変えてください)
電話→080-3489-3750(11月1日より)

佐藤みーなまで。

このブログのコメント欄でもOKてす。

お気軽にお問い合わせくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

オリーブオイルカフェ 『ラ・ルーナ』 、4回目の営業を無事終了!

cafe1-1

久しぶりの更新です。

オープンからすでに4週間…あっという間の4週間!なんとあわただしかったことか!

7月13日に無事オープンした『オリーブオイルカフェ ラ・ルーナ』、先日で4回目の営業となりました!

毎回メニューを変えてきた『ラ・ルーナ』のランチパスタ。

ここで今までのメニューをご紹介いたします^^

初日の13日のメニューは
Aセット→牛肉の赤ワイン煮・タリアテッレ(左)
Bセット→キノコのジェノベーゼスパゲッティ(右)
vino-rosso1-660x591funghi_genovese

・じっくりとワインで煮込んだ牛肉はトロトロ!スペシャルなお味!
・ジェノベーゼソースはもちろん自家製!シチリア島のEXVオリーブオイルをたっぷり使ったフレッシュソース。
バジルも自家栽培で無農薬です^^

2回目の20日は
Aセット→エビのトマトクリーム・フェットチーネ(左)
Bセット→若鶏と長ネギのペペロンチーノ(右)
img_0IMG_8204

エビのトマトクリームはあかエビの頭を使い、だしを取った濃厚ソース。
ペペロンチーノの長ネギは松田農園の無農薬ネギを使用。鶏はさくら鶏、ふっくらやわらかジューシー!

3回目の27日は
Aセット→アマトリチャーナ・タリオリーニ(左)
Bセット→ボンゴレビアンコ(右)
IMG_8250IMG_8256

アマトリチャーナはイタリアのホエー豚を使った自家製パンチェッタ!
ボンゴレビアンコはアサリの旨みがた~っぷり!

そして今週、4回目の8月3日のメニューは・・・
Aセット→いろいろキノコのフェットチーネ、ポルチーニ仕立て(左)
Bセット→アサリとフルーツトマトの冷製パスタ・フェデリーニ(右)

porciniIMG_8295

乾燥ポルチーニを贅沢に使い、さらに風味アップにポルチーニブロードを使用!
冷製パスタのフルーツトマトはおなじみ松田農園の無農薬トマト。オレガノとにんにくで炒めてリコピン増量!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドルチェも毎回違ったものをお出ししてきました。

momoIMG_8268FullSizeRenderIMG_8300

・桃とミントのジェラートやフルーツタルト、パンナコッタ、タルトフロマージュ、ベリーベリームース、フルーツタルトなど、
ーーーあわただしすぎて写真を撮っていないものも多々(^_^;)

そしてそして、マフィンも大好評!

IMG_8098
お食事マフィンは軽食やおつまみにも。
・シチリア産ドライトマト、アンチョビ、バジリコ、パンチェッタなど、イタリア食材に使われる素材を入れて作っています。
おやつマフィンはほのかにココナツオイルの香り。
・無農薬ブルーベリー、クリームチーズ、クルミ、イタリア産オーガニックアプリコットジャムなど、どれも美味しい!
全てにEXVオリーブオイルを使用しています。

来週あたりからそろそろ定番も決めて出していこうかな・・・

この先も皆さんのお声にお応えしていきたいと思います!

どうぞよろしくお願いいたします!

p.s.この4週間の間にご来店下さったお客様、コメントにご感想などお聞かせいただければ嬉しいです(*^^*)

イタリア旅行記 チヴィタ・ディ・バニョレージョ(Civita di Bagnoregio) 

IMG_1265

このゴールデンウィークに初めてイタリアに観光に行くお友だちに『美味しいレストランとか、おススメのお土産とか、イタリア情報教えて!』といわれ、それをきっかけにイタリアのことをいろいろ思い出したので、これからまたイタリア旅行記をぼちぼちと書き留めていこうと思います。

思い出に残る風景といえばまずはこの町、『チヴィタ・ディ・バニョレージョ』。

写真で見て知ってはいたけど、肉眼で見ると迫力あります!

『天空の城・ラピュタ』のモデルにされたとも言われていますが、わかる~~!

場所はウンブリア州とラツィオ州の境目あたりで(でも一応ラツィオ州なの)最寄駅はオルヴィエート(オルヴィエートはウンブリア州)。

『2500年以上前にエトルリア人によってつくられた都市であるが、台地辺縁部の崩落によってその上の建物が崩れる危機に常にさらされており、「死にゆく町」(il paese che muore)とも言われる。』Wikipediaより

まずはオルビエートから車でバーニョレージョという町へ。

行く途中の道も緩やかな丘陵の続くオリーブ畑やのどかな景色で癒されました~!

2014_03 (361)2014_03-(388)

バニョレージョに到着。実は車で一度通り過ぎてしまったくらい普通の小さな田舎町。みんな本当にここからチヴィタ・ディ・バニョレージョに行ってるの?というくらい、人が少なく静かです。

とりあえず、ここに車を止めて歩いていきます。

道に「←Civita」という標識を見つけ、その指示通り、町の中心と見られる道を登っていくこと15分。。。そろそろ町の終わりに到着。

そして崖の向こうにチヴィタ・ディ・バニョレージョが見えてきました!

2014_03 (283)
2014_03 (294)

なんだ、ここまで車で来れたじゃん(笑)

チヴィタ・ディ・バニョレージョへの入口はこの長ーい橋!とってもワクワクします^^

結構きつい上り坂だけど、周りの景色を見ながらなので全然苦になりませんでした。

2014_03 (354)

橋を渡りながらの絶景。。。鳥のさえずりしか聞こえてこないラツィオ州の大自然!

2014_03 (353)

橋を渡りきると要塞がお出迎え。その下の門を入るとすぐにお土産屋さんがあります。

2014_03 (303)

絵葉書や、アクセサリー、ちょっとしたアート作品などが販売されていました。

石造りのアーチがあったり、街並みは16世紀の当時のまま。

2014_03-(301)cop
2014_03 (311)

町の中心の広場にでました。よく見ると、いたるところに猫が。
みんな人懐っこい^^

2014_03 (309)2014_03 (336)

そしてなんと、3000年前ごろに作られたという洞窟内に、16世紀に作られたオリーブオイルの搾油所が!小さなミュージアムになっていて1ユーロを払って中を見学することができます!

2014_03-(318)cop2014_03-(314)cop

ちょっとしたダイニングや、ベッドまであって、当時はここで生活をしながら搾油をしていた様子が想像できます。
かなり細くて狭い階段を下りてきたのですが、中にはオリーブオイルを引いた大きな臼までありました!

2014_03 (328)
この大きな臼に石のローラーを乗せて、ロバがぐるぐる回ってオリーブの実をすりつぶしてオリーブオイルを搾っていたんだろうな。

チヴィタで500年も前の搾油所を見学できるとは思ってもいませんでした!オリーブオイルの搾油に興味をお持ちの方はこれだけでも行く価値あり、です!

搾油所を出ると、こんなところにも猫たちが日向ぼっこ。(隠し絵のように植物の鉢の中にも気持ちよさそうな子が^^)

2014_03-(346).copJPG
この日は観光客も少なく、のどかな町の様子をうかがうことができました。

時間が止まってしまったかのような、中世の田舎街、チヴィタ・ディ・バニョレージョ。
みなさんも真ん中イタリアにお越しの際は是非足を延ばして、このゆっくりとした時間を楽しんでみてくださいね~!

2015年オリーブオイルの行方(搾油所見学その1・シチリア島・ラグーサ)

プーリアにて。樹齢900年のオリーブの木と共に

プーリアにて。樹齢900年のオリーブの木と共に


年が明けてからはや20日・・・

みなさま、遅ればせながら、本年も何卒よろしくお願いいたします!

ブログのUPが遅くなりましたが、昨年10月から11月にかけて今年度のイタリアのオリーブオイルの搾油状況を確かめるため、イタリアに行ってきました。
日本にいる時にも小耳に挟んでいたのですがイタリアに着いてから愕然・・・。

今年のイタリアのオリーブオイルは70年に1度の凶作だったのです。

初のシチリア入り!
いつも日本で販売を手伝っているオイルのフラントイオ(搾油所)に行ってきました!

IMG_4789

幸いなことに、シチリア島(ラグーサ)のオリーブはイタリアの他の地域に比べると収穫量もわりと良いみたい。それでも例年に比べると搾油量は少ないそうです。

DOPの搾油は終わってしまっていましたが、フラントイオはまだ稼働していました。

IMG_4928

搾油所の風景。中はオリーブオイルを搾った香りでむせかえり、空気が重たい感じ。
まずは収穫し、カセッタ(カゴ)に入れられたオリーブたちはフォークリフトで運ばれ、ベルトコンベアーで上の方に流れていき、オリーブの葉や小枝などを吹き飛ばしていきます。

IMG_4904-2
ぐんぐん登って行く。。。

IMG_4911

それから洗浄、そして破砕の作業。
こちらのフラントイオでは遠心分離法を用い、オリーブの実の洗浄から破砕、抽出までがひとつのラインとなっています。

IMG_4918

何段階にも分けて破砕され、オリーブの実から水分を搾りやすくしていきます。
ここでは温度管理がとても重要!

IMG_4925

そして、搾られた水分はさらにオイルとそれ以外の水分とに分けられます。

IMG_4820

そうしてできあがったのがノヴェッロオイル!!!なんて美しいグリーン!

美味しいオリーブオイルを作るにはたくさんの工程があって、どれもとても重要なんですが、フラントイオで搾油機を操る職人さんたちのちょっとしたさじ加減で、おんなじオリーブの実から全然違った味わいのオリーブオイルが出来てしまいます!

IMG_4822

今年トスカーナやウンブリアなどでは、あまりに収穫量が少なくて、搾油をあきらめてしまった生産者さんもいらっしゃるそうで。。。
大切に育ててきたのに、自然は容赦ありません。

でもこんな異常気象を作ったのは私たち人間。
CO2排出、大気汚染などによる地球温暖化・・・自然は我々に警告しているのでしょう。

それでも美味しく出来上がったオリーブオイルはその自然からのたまもの。

今年は日本でもオリーブオイルの値段が上がりそう。
そして、イタリア人たちが口をそろえて『偽物がでまわるぞ』と言っています(^_^;)・・・

2015年はオリーブオイル業界にとって『Pazienza(我慢)』の年になりそうです。