イタリア旅行記 バス/トラムの乗り方(失敗するとこうなる)


mappa_di_mestre

身をもって経験しましたので、皆さんのご参考になれば。

ヴェネツィアでメストレに住む友人宅にホームステイさせてもらった私たち。

メストレ情報
ヴェネツィアの入口の町で、ヴェネツィア本島よりバスで10分ととても便利なところ。
本島は家賃が高いため、ここに家を借りて本島に仕事に行く人たちが大勢住んでいます。また工業も盛んで移民も多く、そのため治安があまり良くありません。駅周辺は特に注意が必要です。

初日の夜は友人が手料理をご馳走してくれました。
彼女はサルデーニャ島出身で料理がとても上手!ドルチェまで手作りで大満足!
そして2日目は彼女オススメの本島レストランでお食事。
と、その前に。売店がしまっちゃうので今晩の帰りのメストレまでのバスのチケットを買いにチケット売り場へ。
チケットはトラムも共通で翌日も使えるお得なものがあったのでそれを購入。

楽しいディナーのひと時が終り、メストレの友人宅へ・・・バスに乗りチケットに打刻しようとしたらエラー音が。何回やっても同じ。なんでかな???

obliterare-autobus

イタリア人の友人がそのチケットをもって状況を運転手さんへ話に行ってくれました。

どうやら、チケット売り場で違うものをわたされたみたい?

まぁ、カードで買ったのでその時のレシートが残ってるし、何か言われたらそのことを言えば大丈夫と言ってくれたので、運転手さんの言うことを信じ、彼女の家に帰りました。

翌日、そのチケットを持って、トラムに乗りました。
チケットを打刻しようにもやっぱり昨日と同じ反応。まぁ、しょうがない。

しかし、運悪く検札Gメンが乗ってきたのです!

イタリアではチケットを持っていなくても、バスの乗り降りが自由にできてしまうのです。なので、無賃乗車がとても多い。

そこで時々検札員がバスに乗り込んでチケットをチェックするんです。
(支払わなければ乗れない、もしくは降りれないシステムにすればいいのに、と思うが、この罰金で稼いでいるという話も^_^;)

もちろん、私はお金を払ってチケットを買ったので、昨日、運転手さんに言われた通りにお話してチケットを見せました。
controllori-bus
するとチケットのバーコードを読み取ったGメンが、「これは昨日発券したものではなく売り場も別のところのものだ」と。
どういうこと?よくわからない・・・?
あ、きっと売り場のおばちゃんが間違えたんだわー。

・・・なんて、簡単に話が済みそうもない雰囲気。どうやら無賃乗車扱いを受けてしまったよう。

昨日買った時のレシートもあるよ、ほら、カードで買ったんだから―・・・
と、レシートを見せてもダメ。

もしかしたら使用済みの切符と間違って見せてしまった?
そういえば、ヴェネツィアに着いた当日も同じチケットを買ったことを思い出しました。
・・・バックの中をもう一回探してみる!
その間、イタリア人の友人が昨日運転手さんに言われたこと、チケットを買った時に一緒にいたから間違いなく買っていることなど、一生懸命言ってくれてるんだけど、頭が固いGメンさんたちは氷のように冷たい・・・

そうこうしているうちにヴェネツィア・メストレ駅に到着。
とりあえず降りる。もちろんGメンたちもくっついて降りてくる。すると、どこからともかく仲間がぞろぞろ。
5人のGメンに囲まれて、『なければ罰金52ユーロお支払いいただきます』

な、なにぃーーーーっ??

さがすさがすさがす!!!!絶対捨ててないからカバンの中にあるはず!
自分で何回見ても見つけられないので妹にカバンをチェックしてもらった。すると

『・・・お姉ちゃん、コレ!!』
え?・・・あった??カバンの内ポケットに数枚の名刺に紛れてチケットが!!!

アーよかった!見つかった!ごめんなさーい、もうやだわ、私ったらおっちょこちょいで~!
これでめでたしめでたし・・・じゃなかった!

『昨日打刻しなかったからやっぱり駄目。はい、罰金!』

そう、イタリアではチケットを買って持っていても打刻してなければダメなんです。

これにイタリア人の友人が食って掛かると、『はい、じゃあキミもID出して。』
とまるで共犯扱い!
このままじゃ彼女にも迷惑かけちゃう!仕事にも間に合わない!

『わかった・・・払います。』

このあと、頭の中は真っ白。駅までの道のりをまったく覚えていません。

その後、フィレンツェ人の友人にこの話をしたら、『だいたいヴェネツィア人は冷たいんだ!』と怒ってくれました。(慰めてくれたのよね、ありがと^^)

でも、今考えると、私は日本の常識を引きずっていたんですね。
ここはイタリア。日本じゃない。

というわけで、『イタリア・バス/トラムの乗り方(失敗しないために)』
にまとめました!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ←※良かったらこのバナーをポチッとしてね!
にほんブログ村



Booking.com


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ ←※良かったらこのバナーをポチッとしてね!
にほんブログ村

Comment

  1. MASAAK ISHIOMI より:

    体験談を読んでいるとヴェネツイア(イタリア)は旅行者に冷たく、いわゆる少しのおもてなし精神も持ち合わせていない人種の街みたいですね。ま、ヨーロッパは個人主義世界で自己責任の傾向が強いというのはパリへ10年間以上旅行し、フランス各地へも行っているので承知はしています。今年6月に友人たちとヴェネツイアへ行く予定です。体験談は非常に参考になります。心してバスやトラムのチケットを購入し付随した注意事項も頭に叩き込んで楽しくかつ安全に過ごしたいと思います。

    • Mina より:

      MASAAK ISHIOMIさん、こんばんは!イタリアの鉄道・郵便局など、『お役所仕事』をされている方は忠実に職務遂行をされる方が多く、手厳しい面がありますね(^^;)でもみんながみんなというわけではなく、ルールさえ分かっていれば大丈夫、基本的にイタリア人は人情深く暖かい人が多いので(特に南イタリア)安心して楽しんできてくださいね!
      ちなみに私も来週またメストレに行ってきます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です