イタリア旅行記 ヴェツィア・離島編(Burano)


burano1

3月6日から約1か月、イタリアにいってきました。

イタリアに行くのはこれで7回目。
今回の目的はトリエステで行われるオリーブオイルの展示会・Olio Capitareに参加するためと、オリーブオイルソムリエコースのコースディレクターを取得するためでした。

今回はずーっと一緒にイタリアに行きたいと言っていた妹が同行。

今までイタリアに入る時はいつもミラノのマルペンサ空港でしたが、今回の旅はヴェネツィア空港から!
なんでかっていうと、まずは地理的問題。

ミラノからトリエステまでは電車で約6時間・・・うー、ちょっと遠い。

そしてチケットの値段。

日本からトリエステ行きのチケットはあんまり安くなりません。
日本人にとってあまりメジャーな都市ではないので、需要が少ないから?たぶん。

トリエステに近くて日本から行くことのできる空港・・・そうだ、ヴェネツィア空港はどう?
さっそく検索。すると、ヴェネツィア行きの格安チケット、発見!!!

な、なんと、チケット代約17,000円!安過ぎ!

これにサーチャージやら空港使用料やらかかるんですが、それでも73,000円!
これはもう、『買い』です!

そして、妹の『イタリアで行きたい場所』リストの一つにヴェネツィアの離島・ブラーノ島がありました。
初イタリアの妹のリクエストにお応えして、トリエステに入る前にちょっと観光^^

ブラーノ島への行き方:
ヴェネツィア本島の本島の北側にあるフォンダメンタ・ヌォーヴェ(Fondamenta Nuove)乗り場から12番のヴァポレット(水上バス)で約40分。

ここの乗り場に行くのにもローマ広場あたりからヴァポレットを使いました。
ヴェネツィアの本島はもちろん歩いて回れますが、目的があって移動する場合はヴァポレットがとても便利です。

ヴァポレットのチケットは市内バスと共通で、種類もいろいろ。

TRAGHETTO ORDINARIO 1回4ユーロのカナル・グランデを渡るだけ(向かい側の停留所に行くだけ)から、お得な乗り放題も用意されています。

ヴァポレット(市内バス共通)乗り放題チケット ※有効時間は最初の利用からスタート

有効時間 金額
60分有効 7ユーロ
12時間有効 18ユーロ
24時間有効 20ユーロ
36時間有効 25ユーロ
48時間有効 30ユーロ
72時間有効 35ユーロ
7日間有効 50ユーロ

左記時間有効券に4ユーロ(片道)、8ユーロ(往復)を追加すると、空港行きバス(5番)を含むActv社バスを利用できます。

※正確な料金や詳細はACTV社の公式サイトでご確認下さい。

その他、学生用(14~29歳)割引など様々な料金があります。

ご自身の旅行行程にあわせてお選びください。

burano

ヴェネツィアには二回ほど訪れていますが、この島は私も初めてです。

ここはおとぎの国?おもちゃ箱?と思えるほどカラフルで、なんとも穏やかな時間の流れ・・・。

島中の家々がすべて鮮やかな色に塗られていて、見ていてワクワクしちゃう♥
カメラマンでなくても写真を撮りたくなる街。
狭い路地裏の家までもがカラフルに塗られていました。

burano3

これには理由があって、その昔この島は漁師の島で、みんな海に魚を取りに行っていました。
冬場は霧が多いため、夕方漁から戻ると家がほとんど見えず、どこに自分の家があるのかわからなかったんだそうです。
そこで自分の家がわかるように鮮やかなペンキで塗ったというのです。
たしかにお隣りさん同士、すべて違う色で塗られていました。

写真で見るより実際は何百倍も気持ちいい所です!

私の中でヴェネツィア一番のお勧めの場所になりました!
是非、自分の目で、肌で感じてみてくださいね!

絶対また行くー!(イタリアはこんなとこばっかです^_^;)


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ ←※良かったらこのバナーをポチッとしてね!
にほんブログ村

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です